歯科おすすめ歯ブラシ

歯科おすすめ歯ブラシについて

歯科のおすすめの歯ブラシ

歯科のおすすめの歯ブラシの大きさですが、奥歯にも届くような小さめのものが良いようです。市販の歯ブラシは、「硬め・普通・やわらかめ」と硬さが分かれていますが、歯の丈夫な人は硬めのものを、歯ぐきなどの弱い人はやわらかめのものがおすすめです。歯を磨いていて「硬い」ように感じられる人は、普通のものを選んでおいた方がいいかもしれません。歯科によれば、使っているうちに徐々に毛先が広がってしまいますから、1ヶ月を目安に交換しましょう。なお、ナイロン製のものは、熱いお湯をかけると毛先が再びまっすぐになります。お試しください。

歯科でブラッシングの指導を

歯周病を予防するためには、歯磨きはとても重要です。歯茎が弱いと歯のグラつきや歯茎からの出血、腫れなどが生じ、痛みや炎症などさまざまな影響がでてしまいます。歯科での治療なども大切ですが、基本的に普段からの予防も大切です。歯ブラシなども、自分の歯や歯茎にダメージを与えないように、自分にあったものを見つけることが大切です。毛先が固すぎても歯茎を傷つけてしまうこともあり、またやわらかすぎてもしっかりと歯に付着した汚れなどを落としにくいこともあります。自分の歯や歯茎の状態をしっかりと把握して、自分にあったものを見つけることが大切です。ブラッシングがきちんとできているか不安な場合には、歯科でブラッシングの指導を受けるのもいいでしょう。

↑PAGE TOP

Copyright © 歯科おすすめ歯ブラシについて All rights reserved